MENU

Q:将来、AIが人間の仕事の大部分を代替するようになったとき、人間はどのように生きがいを見出せばよいでしょうか?

将来、AIが人間の仕事の大部分を代替するようになったとき、人間はどのように生きがいを見出せばよいでしょうか?
目次

Q:将来、AIが人間の仕事の大部分を代替するようになったとき、人間はどのように生きがいを見出せばよいでしょうか?

【質問】
将来、AIが人間の仕事の大部分を代替するようになったとき、人間はどのように生きがいを見出せばよいでしょうか?

A:AIの発展により多くの仕事が自動化され…

【回答】
AIの発展により多くの仕事が自動化されることは確かですが、それでも人間にしかできない領域は残ると思います。

  1. 創造性・芸術性を要する仕事
    音楽、美術、文学、エンターテインメントなど、人間の感性や創造力が求められる分野です。AIにはない独創性を発揮できます。
  2. 人と人とのつながりが重要な仕事
    教育、医療、福祉、サービス業など、人間関係やコミュニケーション能力が問われる仕事は、AIには代替できない部分が多いでしょう。
  3. 新しい価値の創造
    AIにできない新しいアイデアを生み出し、イノベーションを起こすのは人間の役割です。起業家精神を発揮する場は広がります。
  4. 人生の意義を問い直す
    仕事以外の面でも、家族との時間、学びの充実、社会貢献活動など、人生の意義を見つめ直すきっかけになるかもしれません。
  5. 人間性の探求
    哲学、倫理学、心理学など、人間とは何かを探求する学問は、AIによって深化する可能性があります。

AIに多くの仕事が代替されるからこそ、人間にしかできないこと、人間だからこそ価値があることを見極め、そこに情熱を注ぐことが大切だと思います。AIと共生しながら、人間らしさを大切にする生き方を模索していく必要があるでしょう。社会のあり方も大きく変わることが予想されるだけに、生きがいのあり方も多様化していくと考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次